昨夜の一杯

ようこそVIP席へ。映画や音楽の話題をネタバレなしに一緒に語りましょう。
 〜 Bar I'll Be There VIP席 〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2016.02.18 Thursday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
ブロードウェイミュージカル『ライオン・キング』
Lion King超ロングランを続けている
『ライオン・キング』です。
この作品は劇団四季バージョンを開演した頃に観ていましたが、もうずいぶん昔のことなので今回は新鮮な気持ちで鑑賞する事ができました。

いまだに事前に予約しておかないと鑑賞が難しい人気作品。
小さなお子様から大人まで、世代を超えて楽しむことができる内容だし、多くの国で上演されているので「本場のも観てみたい」と思う旅行者も多いからでしょうね。
一部では“大掛かりな人形劇”などと評される事もありましたが、それだけではここまで集客できるわけがありません。
いいものだからこそ第一線であり続けているんでしょう。

この作品はもちろんディズニー長編クラシック作品『ライオン・キング』の舞台化です。
アカデミー主題歌賞を受賞した、エルトン・ジョンの“Can You Feel the Love Tonight”はもちろん、映画で使用された名曲の数々はアレンジしつつ使用されています。
加えて舞台版のために書き下ろされた楽曲も名曲揃い。
その新たな曲のうち、後に“Morning Report”は『IMAX(スペシャル・エディション)版』に追加、“He Lives in You”は『ライオン・キング2/シンバズ・プライド』の主題歌、“One by One”は短編アニメーション化されています。

鑑賞し終わって「劇団四季ってかなりがんばってるじゃん」と素直に思いました。
日本語歌詞に違和感を持たない方なら、この作品の魅力は充分再現されているので本場に近い形で楽しむ事ができます。
でも致命的な問題に「欧米人との体格の差」がありますね。
肌の露出が高いので、それが作品の雰囲気に左右されてしまいます。
ヤングシンバを演じていたShavar Mcintosh君なんて、10歳にしてすでに肩の筋肉がいい具合に付いていたからなぁ。

キャストで特に印象に残ったのがスカー役のパトリック・ペイジさん。
やたら雰囲気出していて引き込まれましたが、かつては『美女と野獣』のルミエールも演じていたそうで、素晴らしい演技力をお持ちの方ですね。

唄を一緒に口ずさんでいる小さな子やハイティーンの子が周りにいて、すごく微笑ましかったです。ディズニーテーマパークの外ででも、こんなにあたたかい気持ちになれたことをうれしく思いました。

ところでブロードウェイのほとんどの作品、イーブニングのスタートは20時、それから2時間40分ほどの上演時間です。出演してる子役の子たちは大変ですよね。



ところで、ウーピーが出演した映画のミュージカルを1日に2本も観てしまいましたよ。
【2007.08.29 Wednesday 23:42】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロードウェイミュージカル『カラーパープル』
Color Purple
スティーブン・スピルバーグ監督の作品『カラーパープル』のミュージカル化。
僕のブロードウェイ初観劇はこの作品になりました。

映画『カラーパープル』は学生の頃に学校をサボって観に行きましたね(もう時効)
スピルバーグ監督が『E.T.』でアカデミー協会から無視されたので、賞を取りにいった作品。
「子供向け作品から脱皮」などと評されていましたが、僕もちょうどその頃は大人の階段を昇りはじめた頃でした(笑)
しかし、作品賞を含む10部門でノミネートされていながら無冠に終わる・・・
その屈辱的な結果には僕も腹を立てたものです。
その劇中でソフィアを演じ、現在では名司会者として有名なオプラ・ウィンフリーさんが製作し、映画と同様にクインシー・ジョーンズ様が音楽を担当。
そして今回の訪問時は
ウーピー・ゴールドバーグが演じたセリーを、アメリカンアイドル出身のファンテイジア
マーガレット・エヴリーが演じたジャグ・エブリーを、エリザベス・ウィザースが演じている。
これだけの興味を引かれる要素が終結している作品。観劇しなかったら絶対後悔します。
ということで前日にTKTSで50%OFFのチケットを入手して観てきました。

今まではブロードウェイキャストの来日公演や、翻訳されたミュージカルしか見たことがなかったので、
まず会場の空気に感動を覚えました。観客と出演者との一体感がすごいんですよね。
そして主役が登場した時の歓声と拍手の激しさに驚きました。

ストーリーは基本的には映画と一緒。
でも全体的に“希望を持って明るく前向きに生きる”描写が強くなっている印象です。
予想できるとおり楽曲が素晴らしいです。そして出演者達の歌唱力。ものすごいハイレベルでした。
台詞も多くてけっこう早口。渡米2日目に観るべきじゃなかったかと少し後悔しましたが、コミカルな要素も多くて楽しめたし、涙が溢れるほどの感動を与えてもらえました。魂を揺さぶらされましたよ!

エリザベス・ウィザースは良かったですね。歌唱力あるしスタイルいいし、脱ぎっぷりもいい(笑)
役へのなりきりも良くて、舞台終了時にはすっかりファンになっていました。
そしてファンテイジア。あの独特のしゃべり方が役にぴったりマッチしていましたね。
観客からもすごく愛されていて、嵐のようなスタンディングオベーションを浴びていました。
最近はA.I.同シーズン出身のジェニファー・ハドソンばかりにスポットが当たっていましたが、もちろん負けてない! 優勝者の才能と貫禄はさすがでした。ますます応援したくなる子ですね。

初観劇で、このような素晴らしい作品に出会えたことをうれしく思います。
次回の渡米時に上演が続いていたらまた見たいなぁ。今度はちゃんとボックスオフィスで買って前の方で。男ならみんなそう思うはず(笑)
観客の8割位が黒人の方。のこり2割は白人。おそらくアジア人は僕1人だったと思います。
作品の内容からそういう客層なのでしょうが、そんなのお構い無しに多くの方に見て欲しいです。特にブラックミュージック好きな方は必見だと思いますよ。

ひたすらビール
【2007.08.29 Wednesday 23:40】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
第61回トニー賞授賞式2007
マーヴィン・ハムリッシュがピアノによるオープニングパフォーマンス、
まずは『コーラスライン』の“I Hope I Get It”で幕開け! そして圧巻の“One”を。
アンジェラ・ランズベリーが開会スピーチを。
ジョン・カンダーが自ら紹介し『カーテン』のパフォーマンスを。
その他『110イン・ザ・シェイド』『メリー・ポピンズ』『カンパニー』『ジャージー・ボーイズ』『グレイ・ガーデンズ』、そしてベスト・ミュージカル作品賞を初めとする計8部門を受賞した『春の目覚め』、アメリカン・アイドル出身ファンテイジアの『カラーパープル』のパフォーマンスなど
ボリューム&見ごたえたっぷりの授賞式でした。

ところで、惜しくもベスト舞台デザイン賞のみの受賞となった『メリー・ポピンズ』のパフォーマンスを見て決意しました。
ずっと思ってはいたけど実現しなかった“ブロードウェイでミュージカル鑑賞”を今年は実現します!

フランススパークリングワイン
【2007.06.20 Wednesday 01:50】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
Wicked:ウィケッド(USJダイジェスト版)
ウィケッド
オープンからけっこう時間が経ってしまいましたが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)で上演されている『ウィケッド』を鑑賞しました。
この『ウィケッド』は、ユニバーサル・ピクチャーズが手がけたブロードウェイミュージカルです。トニー賞授賞式での鳥肌もののパフォーマンスを見て以来すごく気になっていた作品でしたが、USJで上演されるニュースを聞いた時には喜びと同じ位の不安が浮かびました。だってかつて見たハロウィン時期の『ウォーター・ワールド』のスペシャルショーは個人的には悪夢・・・(自主規制)
でも鑑賞した後、率直に「なかなか良いではないか!」と思いました。
時間の都合上ダイジェスト感は確かにあります。舞台セットもシンプルです。
しかし、出演者のレベルは決して他のテーマパークと比べても低くはなく、なにより英語と日本語を混ぜた演出にしてくれるのが高評価。完全日本語化されてるかと思ってましたからね。
このレベルの物が無料で鑑賞できることは素晴らしいことです。
同時にオープンしたエリア「ランド・オブ・オズ」ですが、これは個人的に気に入りました。黄色いレンガの道のスタート地点なんて、見ると笑顔になってしまいます。
海外のユニバーサルスタジオには無いエリアなので、やっと日本が誇れる物ができましたね。

ところで「ランド・オブ・オズ」が存続する限りは同じ『ウィケッド』を何年も上演し続ける気なのでしょうか? 僕はそれでいいと思うんだけど、まさか“マンネリ化を防ぐため”などの理由で得意の“USJテイスト”を取り入れてリニューアルなんて・・・しないでほしいです。



ビール 〜 テネシーウイスキー“ジャックダニエル”
【2007.01.09 Tuesday 14:30】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロードウェイミュージカル『ムーヴィン・アウト』
トニー賞のオンエアで見て以来、気になっていたミュージカル『ムーヴィン・アウト』の
ブロードウェイキャストによる来日公演が行われているので観てきました。

この作品は全編通して、セリフは一切なし。唄と踊りだけでストーリー展開されます。
使用される楽曲すべてをビリー・ジョエルが担当。
そのせいか、客席の年齢層は比較的高く「懐かしい曲ばかりだね」との感想を声にしている方も多かったです。

2階建てのステージ、上段にはバンドさん達がいます。
鑑賞した回のボーカル/ピアノはダレン・ホールデンさんだったのですが、
ボーカルにハリがあってなかなか良かったです。

下段がダンサー達のステージ。
エディ役がラスタ・トーマスさんだったのですが、テクニックもあるし
小柄なのに躍動感のあるダイナミックな踊りで素晴らしい演技を魅せてくれました。
あと特に印象に残ったのがジュディ役のローラ・フェイグさん。
感情表現が豊かで、彼女には何度も泣かされてしまいました。

セリフが無いので、演技はすべてダンスにて表現されますが、その振り付けがかなり複雑。
モノにするまではかなりの練習時間が必要でしょう。
その振り付けを担当したのはトワイラ・サープさん。
舞台はもちろん、映画界でも『ヘアー』『ホワイト・ナイツ』などで有名ですね。
トニー賞振付賞受賞も納得。素晴らしいお仕事をされたと思います。

ビリー・ジョエルに思い入れの方が観ると、好きな曲の流れるタイミングや
ご自身の思い出との相違に多少戸惑いを感じるかもしれませんが、
生の演奏とブロードウェイレベルのダンス、
その作品クオリティに感動すること間違いないですよ!



ムーヴィン・アウト公式サイト

ビール 〜 アラック・プトゥリ 〜 泡盛
【2006.08.01 Tuesday 23:06】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(2) |
第60回トニー賞授賞式2006
オープニングは“Tonight”“Give My Regards to Broadway”“There's No Business Like Show Business”のメドレーを、昔の授賞式の模様と共にハリー・コニック・ジュニアが披露。
その後半では60人のプレゼンターがステージに勢ぞろい。その顔ぶれがもうゴージャスで驚きました。だってジュリー・アンドリュースグレン・クローズが普通にいるんですよ!

最初の受賞者は『フェイス・ヒーラー』のイアン“ダークシディアス”マクディアミッドです(演劇助演男優賞)。ブロードウェイ初舞台で受賞なんてさすがシスの皇帝(笑)

パフォーマンスは
『ドラウジー・シャペロン』『スウィーニー・トッド』『ジャージー・ボーイズ』『ウェディング・シンガー』『三文オペラ(演じたのはアラン・カミングシンディ・ローパー!)』『パジャマ・ゲーム』『カラーパープル』でした。
そして特別功労賞を受賞したハロルド・プリンスのコーナーで『オペラ座の怪人』も!
例年になく好みの物が多くたっぷり楽しむ事ができました。

60周年ならではの企画としてトニー賞の60年の軌跡で数々の名場面が。
そのフィルムのトリは『ドリームガールズ』!!これ再演しないかなぁ。
ライザ・ミネリマシュー・ブロデリックらの思い出のコメントもありました。

本年度ミュージカル作品賞は『ジャージー・ボーイズ』が見事受賞。

ところで気になってる『ターザン』が照明デザイン賞にノミネートしただけなんですけど・・・
期待できないんだろうか?

カリフォルニア赤ワイン
【2006.07.01 Saturday 16:25】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
追悼:本田美奈子さん
今日はあいにくの雨だったため、自宅でネットをしていたら
毎日新聞の記事に衝撃的なニュースが・・・

日本が誇るミュージカル女優、本田美奈子さんが急性骨髄性白血病のため死去されました。
アイドル時代からテレビなどで親しみを感じていた方なので、正直言ってショックで仕方ありません。
ピーポー・ブライソンとデュエットした“Beauty and the Beast”素晴らしかったです。
回復に向かっていて年内に退院などの報道もあったので、安心していたのですが・・・
すばらしい歌声はファンの皆様の胸に永遠に残る事と思います。
ご冥福をお祈りいたします。

フランス白ワイン
続きを読む >>
【2005.11.06 Sunday 16:42】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
第59回トニー賞2005
今年は好みの作品が少ないから授賞式はイマイチかなと思いきや、予想に反して見所はたっぷりでした。

司会はビリー・クリスタルかと思わせておいて、実はまたもやヒュー・ジャックマンでした。
この演出には誰もが笑顔になってしまったことでしょう。

映画ファンなら興味があるであろう『ペテン師とサギ師』『スウィート・チャリティ』のパフォーマンスが見れたのはうれしいところ。
見事に作品賞を受賞した『モンティ・パイソンのスパマロット』のパフォーマンスは舞台への興味を沸かせる素晴らしいものだったと思います。

そして何といっても、思わず涙が出てしまったのが
ヒュー・ジャックマンとアレサ・フランクリンによる『ウエストサイド・ストーリー』の“Somewhere”のデュエット。

最近は舞台を観る機会が減っているから、そろそろ劇場に足を運びたいと思ってしまいました。

ビール 〜 スコッチ“バランタイン12年”
【2005.06.30 Thursday 21:03】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
ビヨンセはマツケンサンバがお気に入り
FNS歌謡祭をチラ見していたら、
最新アルバム「Destiny Fulfilled」で“歌唱力を前面に押し出した”と好評の
ディスティニーズ・チャイルド(以下デスチャ)が出ていました。
desteny_field
Destiny Fulfilled

3人それぞれがソロ活動を行い、3年ぶりに活動再会したデスチャですが、
ビヨンセが“前に出すぎてはいけない・・・”と思ったかどうかは知らないけど、
インタビューでは無言をつらぬき、ケリーミッシェルがコメント。
ビヨンセは終始キュートなスマイル。

ところが、はじけました!!
松平健さんのマツケンサンバのステージを見てデスチャの3人は大喜び!
特にビヨンセは興奮気味で「もっと聞いていたい」「振り付けは誰がやったの?」「衣装が最高!」と
積極的にコメントしてくれました!

アメリカに帰ったら彼氏のJay-zに「日本にはすごいサムライがいるのよ。スパンコールのキモノを着て、ツーステップふんでるの!」と語っていることでしょう。
グラミー歌姫ビヨンセのかわいい一面を見ることができました。

ひたすらビール
【2004.12.01 Wednesday 23:32】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
劇団四季『アイーダ』
ディズニーと劇団四季のコラボレーション第3弾『アイーダ』を鑑賞しました。
この作品に楽曲を提供したのは『ライオン・キング』でもおなじみ
エルトン・ジョンティム・ライスのコンビです!!
事前にコンセプトアルバム「Elton John And Tim Rice's Aida」で予習してから行きました。
(このアルバムは、劇中に使用される楽曲をポップやロック調にアレンジしたもの。スティングやティナ・ターナ、ジャネット・ジャクソン、ボーイズ競瓮鵑蕕参加しています。舞台は観たけどこのCDは聴いてないという方、ぜひ聴いてみてください!オススメです!)

いや〜 素直に感動しました。
飽きさせず、引き込まれるストーリー。
出演者の方たちの歌唱力はすばらしく、踊りの見せ場もあり盛りだくさん。
途中ディズニーテイストたっぷりで、にんまりしてしまうシーンもあります!
衣装、照明、セットはかなりのハイクオリティ。
まさに非の打ち所がないすばらしい作品でした。

鑑賞後には「アイーダ(劇団四季版)」「アイーダ(ブロードウェイキャスト版)」で余韻にひたってはいかがですか?

しかし、この作品、ブロードウェイではアイーダ役をミッシェル・ウィリアムス(デスティニーズ・チャイルド)が演じたこともあるそうです。
観たかった・・・

関係ないけど、劇場にはギネスが置いてあって大満足(笑)

劇団四季 ステージガイド『アイーダ』

黒ビール“ギネス” 〜 コニャック“ヘネシー”
【2004.11.14 Sunday 11:46】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/3PAGES >>
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

話題の映画は、お近くのイオンシネマ!

HMV検索
検索する


価格.com ブロードバンド

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RSS
掘り出し物を見つけよう
APP Store
 iTunes Store(Japan)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
RECOMMEND

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

SPONSORED LINKS
PAGETOP