昨夜の一杯

ようこそVIP席へ。映画や音楽の話題をネタバレなしに一緒に語りましょう。
 〜 Bar I'll Be There VIP席 〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2016.02.18 Thursday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
追悼 チャールトン・ヘストン
ハリウッドを代表する名優チャールトン・ヘストンさんが永眠につきました。
初めて目にしたのは、確かテレビで放送された『猿の惑星』だったかな。
その存在感には子供心に圧倒されました。
その後はビデオやDVDでの出会いではありましたが、『ベン・ハー』『三銃士』『大地震』『エアポート'75』『地上最大のショウ』などでお目にかかる機会の多かった方です。
『PLANET OF THE APES/猿の惑星』に、猿メイクでカメオ出演してくれたのはうれしかったですね。
ご冥福をお祈りいたします。
今夜は追悼の意を評し『猿の惑星』を鑑賞したいと思います。

ビール 〜 泡盛
【2008.04.07 Monday 14:25】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(0) |
「2001年宇宙の旅」著者、アーサー・C・クラークさん死去
SF界の巨匠、アーサー・C・クラークさんがお亡くなりになってしまいました。
この方の描く素晴らしい世界観は、単に夢物語だったSFという1ジャンルの地位を、大きく高めるという偉業を成し遂げました。
そして、アーサー・C・クラークさんといえば、映画ファンならやはり故スタンリー・キューブリック監督作品『2001年宇宙の旅』でしょう。
リバイバルでしたが、劇場の大スクリーンで『2010年』と共に鑑賞したのが、僕とアーサー・C・クラークさんとの出会いでした。
当時は難解な表現に頭を悩ませながらも、その作品の持つパワーや映像表現に心が揺さぶられました。
ご冥福をお祈りいたします。
今夜は追悼の意を評し『2001年宇宙の旅』を鑑賞したいと思います。

ひたすらビール
【2008.03.19 Wednesday 15:23】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(0) |
女優ハル・ベリー、女の子を出産
ハル・ベリーが無事に女の子を出産したとのことです。
父親はガブリエル・オーブリー、二人の子なら間違いなくかわいいでしょうね。

母親になっても、ハリーには今後も変わらずに美しくて大胆でいてほしいなぁ。

フランス赤ワイン
【2008.03.17 Monday 23:46】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(0) |
第80回アカデミー賞授賞式2008
脚本家組合のストも終わり、無事に第80回目のアカデミー賞授賞式が開催されました。
wowowでは昨年の助演女優賞ノミニーで世界中を賑わせた凛子ちゃんをスタジオに呼んでた。
これはいい出演交渉してくれましたね。会場の裏話も話してくれました。
豪華な現地のレッドカーペットには浅野忠信くんも登場。マイリー・サイラスもインタビュー受けてた。

とりあえずはタイトル前のオープニングのフィルムが素晴らしいです。
1台の車がコダックシアターに向かうんだけど、歴代のハリウッド映画のキャラクター達が大量に出てきます。車に積まれたオスカー像はカリフォルニアを代表するあの人が運んできました。
このフィルム、あらゆる手段を使ってでもぜひ見てください。

司会は2年ぶりのジョン・スチュワートさん、今年の会場はノリがいいから得意のギャグにもついてきてくれています。
客席で笑顔で座ってるジェシカ・アルバについ目が行ってしまう・・・引きのショットでもはっきり見えるHD放送に感謝。
まぁそれはいいとして、印象に残ったシーンを紹介。

ジョージ・クルーニーが登場し、オスカー80年の名場面を紹介するフィルム。
やべー、始まったばかりなのにもう涙腺が・・・
今年は脚本が無かった場合の保険なのかここに限らず、巧みな編集の過去の受賞シーンや映画の名場面集が何度も登場しました。

iPhoneで映画を見る事をアピールする司会のジョン、ちゃんと横にしたりしています(笑)

スティーブ・カレルとアン・ハサウェイが微妙なトークで紹介する長編アニメ映画賞は
『レミーのおいしいレストラン』が見事受賞!これは別格で敵無しだったでしょ。
ブラッド・バード監督も獲る気満々だったのか余裕のスピーチ。

歌曲賞ノミネートパフォーマンス、
『魔法にかけられて』から永遠のお姫様エイミー・アダムスが“Happy Working Song”を披露。いい!

妊婦ケイト・ブランシェットがプレゼンターの美術賞は『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』が受賞。
これでバートンの美学がさらに世間で注目されますね。

ジェニファー・ハドソンが助演男優賞のプレゼンターで登場、二の腕の肉割れがくっきり・・・女優泣かせのHD放送。
受賞は 『ノーカントリー』のハビエル・バルデム

歌曲賞ノミネートパフォーマンス、
『オーガスト・ラッシュ』より“Raise It Up”を。文句なしにすごくいい!!これ日本公開しないのかな。

アラン・アーキンがプレゼンターの助演女優賞は『フィクサー』のティルダ・スウィントンが受賞。
受賞の喜びをかみしめてスピーチする姿はよかったですね。

アカデミー科学技術賞でデジタル・ドメイン社の日本人、坂口亮さんが事前に受賞したことをVTRで紹介。
『デイ・アフター・トゥモロー』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』などで水の流体シミュレーション技術を開発した功績が評価されました。
そして妊婦ジェシカ・アルバが、アカデミー科学技術賞授賞式の司会をしたことを報告。受賞者は、イーストト・コダック社や、ゴードン・E・ソイヤー賞をデヴィッド・A・グラフトンが授与したとのことです。科学単語を話すジェシカに眼が釘付け。

脚色賞は『ノーカントリー』、コーエン兄弟は自信あったように見える。

会長のオスカー投票の秘密に続き、
マイリー・サイラスが歌曲賞ノミネートパフォーマンスを紹介
『魔法にかけられて』から2曲目“That's How You Know”をクリスティン・チェノウスがパフォーマンス、見事に舞台化されててすぐにでもテーマパークショーやブロードウェイで上演できそう。

赤ちゃん賞をアンジェリーナ・ジョリーが受賞した後は、ハル・ベリーとジョディ・デンチがプレゼンターと紹介される。しかし登場したのはジョナ・ヒルとセス・ローゲン!
ハリーとジョディになりきって(笑)音響編集賞と録音賞のプレゼンターを努めました。受賞は両方とも『ボーン・アルティメイタム』でした。

フォレスト・ウィテカーがプレゼンターの主演女優賞は『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』のマリオン・コティヤールが受賞!
眉毛をそり落とした甲斐があった。本当にうれしそう。応援してたからボクもうれしい、よかったねー!

コリン・ファレルが歌曲賞ノミネートパフォーマンスを紹介
『ONCE/ダブリンの街角で』より“Falling Slowly”、美しい楽曲に美しい照明。

ジャック・ニコルソンが歴代作品賞受賞作品紹介フィルム「80Years of Oscar」を紹介。
当時の映画ポスターと共に魅せるこのフィルムは保存版にしたい!

レニー・ゼルウィガーがプレゼンターの編集賞は『ボーン・アルティメイタム』の クリストファー・ラウズが受賞!

妊婦ニコール・キッドマンが紹介し、ロバート・ボイルに名誉賞が贈られる。
98歳ですがまだまだお元気。ステージに登場すると一同がスタンディング。
映画美術で素晴らしい功績をお持ちの方で受賞は納得。

ペネロペ・クルスがプレゼンターの外国語映画賞はオーストリアの『ヒトラーの贋札』が受賞。
『モンゴル』残念。

パトリック・デンプシーが歌曲賞ノミネートパフォーマンスを紹介
『魔法にかけられて』から3曲目“So Close”。この曲ツボです、感動してしまった。

そのままの流れで歌曲賞プレゼンターを務めるジョン・トラボルタがダンサーに混じって登場。
受賞は『ONCE/ダブリンの街角で』より“Falling Slowly”でした。『魔法にかけられて』残念、恐れていた事態が起こってしまった・・・

ヒラリー・スワンクが追悼フィルムの紹介。
ミヨシ・ウメキさん、ピーター・エレンショーさんのお姿も。
ラストはヒース・レジャー。本当に悔やまれます。

エイミー・アダムスがプレゼンターの作曲賞は『つぐない』 ダリオ・マリアネッリが受賞!

ハリソン・フォードがプレゼンターの脚本賞は『JUNO/ジュノ』ディアブロ・コーディが受賞。
ストリッパー時代に彫ったタトゥが印象的な子。初脚本で受賞とは・・・プレッシャーに負けず、今後も活き活きと活躍してほしいですね。

ヘレン・ミレンがプレゼンターの主演男優賞、
見事受賞したのは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』ダニエル・デイ=ルイスです。まぁ納得の結果でしょう。
でもジョニー残念・・・協会のみなさんはもしかして名誉賞を受賞するまで無冠のままにする気!?なんて思ってしまいます。今回はヴァネッサ・パラディも来てたのにね。

マーティン・スコセッシ監督がプレゼンターの監督賞、
見事勝ち取ったのは『ノーカントリー』のジョエル&イーサン・コーエン兄弟です!
本当によかった。でもこの2人ってスピーチがいまいちだよね。もっと興奮してほしい。

デンゼル・ワシントンがプレゼンターを務める80本目の作品賞は
なんと『ノーカントリー』が受賞!!ステージ脇からコーエン兄弟も三度登場。

さて、僕の事前予想はこちらでした。まぁまぁの率だったかな。
『ノーカントリー』がここまで評価されるとは驚きました。観ないといけないね。

受賞結果の詳細は公式サイトをご覧ください

抜歯準備のためノンアルコールビール
【2008.02.25 Monday 14:52】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(0) |
アメリカン・ギャングスター(2007):American Gangster
70年代のハーレム、ファッションと音楽、これだけで興味を持ってしまいました。
ところが鑑賞してみると、ものすごい重厚な作品だったことに驚かされました。
派手なアクションシーンは無いけど、実話に基づき一人の男の人生をリアルなドキュメンタリータッチで見せた秀作。
多くの出来事を見事にまとめ上げ、かつ長尺でも全く飽きさせないリドリー・スコット監督のスピーディーな演出は見事でした。異国ムード漂うタイや、麻薬パッキング作業現場で、得意のライティングがフル活用されていたように思います。
ニューヨークのギャング・マフィア・麻薬というと、マーティン・スコセッシ監督作品を彷彿させるところですが、また違った魅せ方で引き込まれましたね。

“普段は平穏を装っている悪人”フランクを演じたデンゼル・ワシントンは見事でした。
この役にかける意気込みが伝わってきます。特に目の演技が素晴らしかったですね。

ラッセル・クロウは役作りで脂肪を溜め込んだのでしょうか?“俺も周りに負けてはいられない”という気迫が感じられます。演じた正義感あふれる刑事リッチー、なんだか親近感を覚える役どころです。

全般にこのフランクとリッチーの対比が面白く描かれています。
そして後半、2人の距離が縮まります。それ以降の展開は見ごたえありますよ。

正直言って、リドリー監督と主演2人でおなか一杯なところですが、異様な存在感を出しまくっていたジョシュ・ブローリンの演技は見ものです。観る者すべての人の心に大きな憎悪感が生まれるかと思います。『グーニーズ』でマイキーのお兄さんだった彼がこんなに大物になるとは・・・しかも再婚した現在の奥さんはダイアン・レイン! 今後の活躍がますます楽しみですね。

他にもキウェテル・イジョフォーキューバ・グッディング・Jr.ルビー・ディーなどの実力派が脇を固めます。

洋楽ファンのみなさん、コモンに似てるヤツがいるなぁと思ったら正解。コモンです。
あとウータン・クランのRZAも出ていました。
劇中で流れる音楽も、時代を感じさせる納得の選曲でしたよ。

アメリカン・ギャングスター公式サイト

少しだけビール
【2008.02.17 Sunday 23:08】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(2) |
米脚本家組合スト終結、アカデミー賞授賞式も例年通りに
とりあえずよかったー。
これで映画やドラマや授賞式なども、今後は安心して見れることになります。
今回のストライキは、昨年11月5日に脚本家達が俳優たちと同等に、インターネット配信や他の新たなメディアによってもたらされるDVDセールスや映画製作での正当な報酬を受け取る権利を主張して始まりました。詳細はシネマトゥデイの記事をご覧ください。
解決まで実に3ヶ月もの期間のストライキとなりました。
その間は色々なことがありました。簡単に列挙すると、
・数々のドラマが無理やりシーズンフィナーレを用意する
・シュワルツェネッガー知事が早期解決を望む
・エヴァ・ロンゴリアが脚本家にピザを差し入れ、でも逆に怒鳴られる
・テリー・ハッチャーがエヴァの行動を弁明する
・エリザベス・テイラーが世界エイズ・デーにはデモを行わないようお願いする
・ワーナーが従業員1000名に一時解雇を通達する
・トム・ハンクスがストライキ終了を呼びかけする
・全米脚本家協会がグラミー賞授賞式でのデモ決行を発表する
・まず製作会社3社と単独合意する
このようなニュースを聞くたびにいったいどうなってしまうのか、洋画&海外ドラマ&洋楽ファンの方はどきどきしていたと思います。

さぁ、脚本家のみなさん、休んでた期間を取り戻すかのようにバリバリ働いてくださいね!

ノンアルコールビール
【2008.02.14 Thursday 17:00】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(0) |
米俳優ロイ・シャイダーさん死去、『ジョーズ』で警察署長を演じる
また一人、ハリウッドを代表する方がお亡くなりになってしまいました。
ロイ・シャイダーさんといえば、僕の場合はやはり『オール・ザット・ジャズ』が一番に浮かんできます。他にも『フレンチ・コネクション』『JAWS/ジョーズ』『ブルーサンダー』『2010年』『レインメーカー』など、スクリーンでお見かけする機会の多かった方です。
近年では『パニッシャー』にも出演されていましたね。

今夜は追悼の意を表し『オール・ザット・ジャズ』を鑑賞します。
ご冥福をお祈りいたします。

親不知が痛んだので休肝日
【2008.02.11 Monday 23:26】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(0) |
ウォーター・ホース(2007):The Water Horse Legend of the Deep
この作品をひと文字で表すと“美”ですね。
何が“美”なのかというと、スクリーンに映し出される「画」であったり、登場人物の、そして鑑賞後の観客の「心」だったり。
心が浄化されるようなピュアで美しい作品でした。

今までにありそうなのに、なぜか無かったネス湖のネッシーの映画です。

近年は「監督で」「出演者で」「原作で」というような選択で、鑑賞する作品を無意識に選んでしまっていたのですが、今回はまだそういうことを意識しなかった頃のように「内容で」選んで鑑賞しました。(鑑賞後に知ったのですが、原作がありました『ベイブ』と同じディック・キング=スミスさんだそうです)

この映画に興味を持った人が想像するであろうストーリー展開、
おそらくそれがそのまま映像化されていると思います。
でもそれが逆に、期待通りの感動を生み出してくれたように感じます。
ある意味古典的なその作りは、後年に語り継がれるファンタジーの名作として、世代を越えて人々の心に残っていくような気がします。

まるで童話の挿絵のような、スコットランドの美しい自然と雰囲気のある街並み、
クルーソー(ネッシーの名前。なぜ“クルーソー”なのかは観ると解ります)が活き活きと泳ぐ姿、
これらを大画面で観るだけで、劇場に足を運ぶ価値があると思いますよ。

キャスティングが絶妙で、出演者のみなさんそれぞれが自然な演技を魅ていました。
特にエミリー・ワトソンと、ブライアン・コックスの雰囲気は素晴らしかったですね。
そして主人公の少年アレックス・エテル君、彼のおかげでこの作品の持つ純粋さが倍増しました。

若干合成が粗く感じるシーンがあったのが残念。
それはありえないだろー!なんて部分もありますが、そこは突っ込まずに純な心で楽しむことをオススメします。

ウォーター・ホース公式サイト

フランス白ワイン
【2008.02.03 Sunday 23:57】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(8) |
『ブロークバック・マウンテン』主演のヒース・レジャーさん、NYの自宅で死亡
悲しいニュースです。
ヒース・レジャーといえば記憶に残るのは、やはりオスカーにノミネートされた『ブロークバック・マウンテン』でしょう。
そして遺作となる『バットマン/ザ・ダークナイト』では、あのジョーカー役を演じます。
きっとものすごい怪演をしていたはず。また評価されるのは目に見えてるのに・・・残念です。
でもジョーカーを本気で演じることは、精神的に負担がかなり大きかったんでしょう。
本当に悔やまれます。

ところでヒースって、噂になった女性がナオミ・ワッツヘザー・グラハム
結婚生活を送ったのはミシェル・ウィリアムズ(離婚したけど)という、なかなか女性の趣味のいいヤツだったんですよね。

ご冥福をお祈りいたします。
ザ・ダークナイト公式サイト(米)

ビール 〜 麦焼酎
【2008.01.24 Thursday 17:46】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(1) |
第80回アカデミー賞ノミネート発表
勝手に予想(というか希望)、今年もやってみます。
ノミネーション作品一覧はeiga.comなどをご参照ください。

★作品賞
『つぐない』

★主演男優賞
ジョニー・デップ 『スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』

★主演女優賞
マリオン・コティヤール 『エディット・ピアフ/愛の讃歌』

★助演男優賞
ハビエル・バルデム 『ノーカントリー』

★助演女優賞
ルビー・ディー 『アメリカン・ギャングスター』

★監督賞
ジョエル&イーサン・コーエン 『ノーカントリー』

★オリジナル脚本賞
ブラッド・バード 『レミーのおいしいレストラン』

★脚色賞
ロナルド・ハーウッド 『潜水服は蝶の夢を見る』

★長編アニメーション賞
『レミーのおいしいレストラン』(ブラッド・バード監督)

★美術賞
『スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』 ダンテ・フェレッティ

★編集賞
『ボーン・アルティメイタム』 クリストファー・ラウズ

★作曲賞
『つぐない』 ダリオ・マリアネッリ

★歌曲賞
“That's How You Know” 『魔法にかけられて』

★視覚効果賞
『トランスフォーマー』

今年は難しい!
というのは、好きな作品や人が多くノミネートされてるんだけど、取れなさそうだから・・・

昨年の作品賞は『ディパーテッド』だったので、今年は逆をいって恋愛系で『つぐない』と予想。
コーエン兄弟にはそろそろオスカー監督賞も受賞させてあげたい。
そういえばバートン監督漏れちゃいましたね。ブラッドとの2ショットが見たかった。

それにしても『魔法にかけられて』の3曲ノミネートは当然として(昨年の『ドリームガールズ』のように票が割れて惨敗しないか心配)、『レミーのおいしいレストラン』の5部門ノミネートはすごい!これで脚本賞なんか受賞してしまった日には・・・歴史が動きますよ。
来年からは「長編アニメーション脚本賞」ができるかもね。
(かつて『美女と野獣』が作品賞にノミネートされたため、作品賞は実写とアニメーションを分けることになりました)
『パイレーツ・オブ・カリビアン』もノミネートされてるし、今年はディズニー勢の検討が目立ちます。

さて、肝心の授賞式ですが、例の脚本家組合のストの影響で寂しいものになる可能性があります。
トム・ハンクスが呼びかけしているようですが、第80回という節目でもあるので、ゴージャスな授賞式にしてほしいなぁ。

ビール 〜 黒ビール

【2008.01.23 Wednesday 14:18】 author : Isaac U | Movie | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/23PAGES >>
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

話題の映画は、お近くのイオンシネマ!

HMV検索
検索する


価格.com ブロードバンド

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RSS
掘り出し物を見つけよう
APP Store
 iTunes Store(Japan)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
RECOMMEND

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

SPONSORED LINKS
PAGETOP