昨夜の一杯

ようこそVIP席へ。映画や音楽の話題をネタバレなしに一緒に語りましょう。
 〜 Bar I'll Be There VIP席 〜
<< ブロードウェイミュージカル『ライオン・キング』 | main | ブロードウェイミュージカル『キューティ・ブロンド』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2016.02.18 Thursday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
ブロードウェイミュージカル『メリー・ポピンズ』
メリー・ポピンズ今回NY行きを決意した要因のひとつでもあった『メリー・ポピンズ』です。
事前に予約を入れておいたので、かなりいい席で鑑賞することができました。

この『メリー・ポピンズ』は最初にウエストエンドで上演が始まりました。後に内容に若干修正が加えられ、ブロードウェイに上陸する事になります。
映画『メリー・ポピンズ』は僕にとって“はじめて意識して見たミュージカル映画”でした。
もちろんリアルタイム世代ではありませんが、パークを中心にそのシャーマン兄弟の手による素敵な楽曲に触れる機会も多かったので、とても思い入れのある作品です。

昨日の『カラー・パープル』と『ライオン・キング』はどちらも素晴らしい作品でしたが、“色が抑え目”で“ダンスが少ない”という印象を持ちました。その部分は無意識に心の満足度に反映していたようです。
その証拠にこの『メリー・ポピンズ』を観終わった瞬間に心が完全に満たされ“ブロードウェイまで来てよかった”素直にそう思う事ができました。
好みド真ん中に仕上がっていた作品です。もう非の打ち所がありません。
音楽のアレンジもよかったし、キャストの方たちのレベルも高い。衣装や豪華な舞台装置も予想以上。魔法の演出にも驚かされました。
“明日も観ようかな”そんな気持ちも沸いてきたくらい気に入ってしまったんです。
(けっきょく悩みに悩んで違う作品を観たけどね)

主人公メリーを演じたアシュレイ・ブラウンさんは、かつて『美女と野獣』でベルを演じた事もある方。
写真やトニー賞などで見た時にはアゴからエラのラインがなんか好きじゃない(失礼ですよねすみません)と思ったんだけど、ステージではそんな印象はなく、“誰が見てもメリー”なメリーを演じていらっしゃいました。
この役を演じるにあたっては、かなりのプレッシャーがあったと思います。
だって比較対象が“若き日のジュリー・アンドリュース”ですよ!
でもアシュレイさんのメリーも僕は好きです。いい歌声だったしね。

バートを演じたギャビン・リーさん、この方も素晴らしい!
まさにバートさんです、なりきっていました。

セットと照明の相乗効果は素晴らしかったです。
特に“Jolly Holiday”で絵の中に入る所なんて見事な演出でした。
舞台用にアレンジされたシーンもなかなか面白かったです。
“Feed the Birds”で涙し、“Step in Time”で興奮した僕は、ラストで誰よりも早くスタンディングしていたように思います。
そして“Let's Go Fly a Kite”を口ずさみながら、ホテルまでスキップして帰りました(笑)


フランス赤ワイン
【2007.08.30 Thursday 23:43】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2016.02.18 Thursday 23:43】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://isaac.jugem.cc/trackback/573
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

話題の映画は、お近くのイオンシネマ!

HMV検索
検索する


価格.com ブロードバンド

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RSS
掘り出し物を見つけよう
APP Store
 iTunes Store(Japan)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
RECOMMEND

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

SPONSORED LINKS
PAGETOP