昨夜の一杯

ようこそVIP席へ。映画や音楽の話題をネタバレなしに一緒に語りましょう。
 〜 Bar I'll Be There VIP席 〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2016.02.18 Thursday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
ブロードウェイミュージカル『リトル・マーメイド』
Little Mermaid

最初に言っておきます。
僕は長編アニメーション作品『リトル・マーメイド』が大好きです。
ここを見ても、その想い入れの深さは計り知れないことが解ると思います。

映画版のマーメイドは、劇場公開のアメリカとの時差がとても長い作品でした。
噂で聞く前評判から、米ディズニー社にとって泥沼の低迷期から脱出できる運命の作品だと感じました。
やっとの想いで日本劇場公開された時、僕はちょうど現役時代ど真ん中でした。
その春からTDLで始まったディズニー・パーティーグラ・パレードでは、劇場公開に先行してアリエルも登場していました。
アラン・メンケンの素晴らしい楽曲、手描きアニメーションの完成度の高さ、CGアニメとの合成など・・・とにかく比の打ちどころのない完成度を誇った作品だと思います。
アカデミー賞授賞式パフォーマンスでは、尊敬するポーラ・アブドゥルが振付を担当しました。後に知ったけど、アダム・シャンクマンやタイス・ディオリオもダンサーとしてそのステージに出演していたんですよね。

ターザンのミュージカルが打ち切られ、その後に舞台化したマーメイド。
これを期待しないで何に期待するのでしょうか!
ということで、今回の渡米の鑑賞メイン作品として、早々と日本からチケット予約した上での鑑賞です。

オープニングの帆船マストのセットからもう、予算をかけまくった特級の舞台に期待が高まります。
しかし・・・その期待が徐々に不安に変わり、そしてついにはがっかり感が・・・
アレンジするなとは言わない。でもそれが裏目に出すぎて残念な仕上がり。
“Part of Your World”は違和感を覚えながらもまだよかった。
致命的だったのが“Under the Sea”、正直言って全く胸が躍らない。
“Kiss the Girl”も盛り上がりにかけサラッとスルー。
ディズニーのミュージカルとしては昨年観た『メリー・ポピンズ』の足元にも及ばない出来です。
唯一感激したのは、アースラを演じたSherie Rene Scottさんが素晴らしかったことです。
スリムな方なので見た目や声でミスマッチのように感じましたが、“Poor Unfortunate Souls”の迫力には鳥肌が立ちました。

大柄な黒人さんのセバスチャンにも賛否両論ありそうですが、フィナーレの歓声は一番大きかったですね。

とういうことでファンだからの厳しい総評。
「どうせ見るならオーランドに飛んで、WDWの『Under the Sea Journey of the Little Mermaid』を見ましょう。その方が感動は大きいです。」
関係者の方々、ごめんなさい!

ひたすらビール
【2008.09.15 Monday 21:47】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロードウェイミュージカル『ザナドゥ』
Xanadu

今回の渡米はオリビア・ニュートン=ジョンの影を追っかけるかのように、本日は『ザナドゥ』を鑑賞しました。
映画版『ザナドゥ』は1981年のラジー賞(第1回)で6部門にノミネートされ“ワースト監督賞”を受賞、そして2004年に“この25年のワースト・ミュージカル作品賞”を見事受賞した超名作(笑)その舞台版です。
映画版は“80年代”“オリビア”“ローラースケート”という3要素が融合していて、
しかも晩年のジーン・ケリーが活躍するという素晴らしい作品。
もちろん僕は今日でもこの映画版を愛しています。

さて舞台版ですが、これもまた昨年鑑賞候補リストに入れていたものです。
映画版とはストーリーの大筋と使用楽曲は一緒です。
しかし完全な“コメディ”に仕上がっているとの事前情報は確認していました。
そのコメディ色を濃くしているのは、舞台版で活躍するミューズの姉妹達だそうです。
しかもその中心的人物である長女をウーピー・ゴールドバーグが演じているとのこと!
トニー賞でのパフォーマンスも好みだったので、日本から割引チケットを予約しておきました。
しかし・・・ウーピーは数日前にサマーシーズンの終了と共に降板したとのこと・・・
予約後に知ったこの事実にショックを受けました。

劇場入口にはピンクのウィッグと80年代のコスチュームを身に付けた子が、当時のディスコミュージックに合わせて踊りながら、サイリュムを売っています。なんだこの微妙なノリは?
中に入るとそのステージの狭さに唖然・・・
一応ローラーのためにスロープはあるけど、その中心には観客の座席が・・・なんだこりゃ。
映画版の盛り上がりまくるエンディングがこの舞台では再現できないんじゃないか??
そのような不安を抱いたまま鑑賞を始めましたが・・・
ものすごく楽しめた!!!

セリフが早口なので、理解できない部分も多かったけど、
出演者がみんな楽しんで演じているようで、アドリブも全開なのでひと時も目が離せません。
特にミューズの長女と次女がものすごいハイテンション!まるでこの二人が主演。
ウーピーだったらさらに楽しめのになぁと悔やまれます。でもオリジナルキャストのJackie Hoffmanさんはお上手でした。

それよりなんといっても、オーストラリア出身のオリビアが演じた映画版のキーラを、
誇張したオーストラリア訛りでキュートに演じたKerry Butlerちゃんは最高でした。

舞台面積に合わせて少人数の出演者ですが、無駄な役は全くなし。
チープな舞台セットや、学芸会のような着ぐるみ衣装でしたが、
絵の表現やラストの盛り上がりはうまく工夫されていたし、編曲も良かった。全体的な満足度は高かったです。
『ザナドゥ』とは関係ない“Have You Never Been Mellow”がいきなり流れたけど、それもテンションが上がるサプライズでした。

この素晴らしく、そして二度と観られないであろう舞台を、オリジナルキャストで鑑賞できたことをうれしく思います。

Xanadu on Broadway公式サイト

ひたすらビール
【2008.09.14 Sunday 21:49】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロードウェイミュージカル『グリース』
grease

ニューヨークマンハッタン島に再上陸!
その当日に観る事にしたのは『グリース』です。
最初は『ヘアスプレー』にしようかと思ったけど、残念ながらtktsで売り切れてました。

『グリース』といえば映画ファンで知らない人はいないであろう、ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン=ジョンが出演したミュージカル映画の傑作。
僕の大好きな作品でもあります。
この映画版は、1972年に開幕したブロードウエイミュージカルを映画化したものです。
舞台では1994年の再演後、2007年から再々演されています。
昨年の渡米時にも観たい作品リストに入れていましたが、今回決意したのはリアリティショー『Grease: You're the One That I Want』の合格者が出演していることと、アメリカン・アイドル第5シーズンのファイナリストであるエース・ヤングが9月11日から出演しているからです。
トニー賞にもノミネートされてたしね。

基本的なストーリーは映画版と一緒。
だから渡米直後のボケた頭と、慣れない耳でもすっかり世界に入り込んで鑑賞することができました。

リアリティーショーで選ばれたダニー役のDerek Keelingくんですが、なかなかのハマり役。
新たな時代のダニーを活き活きと演じていました。
サンディ役のAshley Spencerちゃんは、はっきり言って最高!
比較対照が若き日のオリビアなのにもかかわらず、僕を魅了するには充分の魅力的な女性でした。
そして期待と不安でいっぱいのエース・ヤングですが・・・
数日前に舞台デビューしたことを考慮すると、なかなかがんばっていましたよ。
基本的に彼はかっこいいし、背も高いじゃないですか。
だからリーゼントと当時のファッションもキマっているので
メインをはる“Greased Lightnin'”もクールに決めていました。
エンディングではハンドマイクを持ってのソロもあって、会場のファンのみなさんも大喜びでした。

『ヘアスプレー』売り切れで妥協して観た訳でしたが、結局は満足度も高くてよかったと思います。
さて明日は事前予約していた2本ハシゴ鑑賞です・・・起きていられるだろうか

Grease Live on Broadway!公式サイト

ビール 〜 フランス白ワイン
【2008.09.13 Saturday 21:44】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(1) |
第62回トニー賞授賞式2008
オープニングは受賞10周年の『ライオン・キング』から“Circle of Life”を。
昨年ブロードウェイで観たばかり。その時の感動が甦る・・・
で、司会のウーピー・ゴールドバーグが登場。なんと衣装がセバスチャン!!!
この完全にツボをつかれた演出にはもう非の打ち所がありません。

作品賞候補作品のパフォーマンス、最初は『クライ・ベイビー』。
ジョン・ウォーターズ監督がしっかりと紹介を勤めました。
ジョニー・デップ出演の映画版はもちろん観てたし、パフォーマンスも良かったので
観劇候補かと思いきや、公演終了の告知が・・・残念

アダム・デュリッツが紹介し『パッシング・ストレンジ』のパフォーマンス。

ジャック・クラグマンが『ジプシー』のパフォーマンスを紹介。

突然『オペラ座の怪人』のパフォーマンス。
クリスティーヌ役はウーピー!面白すぎ。

ハリー・コニック・Jr.が紹介し、『南太平洋』のパフォーマンスを。
文句なしにいい!ちょっと観たいかも。
と、その興奮冷めぬままメリーに扮したウーピーが上空から登場(笑)

バリー・ボストウィックが紹介の『グリース』のパフォーマンス。
やっぱり盛り上がるねー

マリサ・トメイが紹介し『リトル・マーメイド』『ケイタード・アフェア』『ヤング・フランケンシュタイン』のパフォーマンスを。
うーん・・・今年も渡米しないといけないかも・・・

ウーピー自らが家をテーマに演劇作品賞候補の『八月:オセージ郡』『ロックンロール』『シーフェアラー』『三十九夜』を紹介

ウーピーが『スマパロット』に乱入しお遊びを。

オリジナル楽曲賞を受賞した『イン・ザ・ハイツ』のパフォーマンス。
すごいエネルギーの作品ですね。

ダニエル・ラドクリスとリチャード・グリフィスがプレゼンターの演劇作品賞は『八月:オセージ郡』が見事受賞。

功労賞はスティーヴン・ソンドハイムが受賞。ってまだもらってなかったんだね。会場には来てない。
そのままの流れで『ジョージの恋人』のパフォーマンス。

グレン・クローズがプレゼンテーターのミュージカル・リバイバル作品賞は『南太平洋』が受賞。

リリー・トムリンが紹介し『ザナドゥ』のパフォーマンスを。
昨年観ようか悩んで結局観なかった作品。映画も好きだし、うーん・・・かなり好みだ・・・
ウーピーも思わずローラー履いちゃった。

オリジナルメンバーであるアンソニー・ラップが紹介し『レント』のパフォーマンスを。
で、オリジナルキャストがステージに集合。もちろんイデナ・メンデルの姿も。
そして“Seasons of Love”を唄ってくれた。
この演出には客席のブルック・シールズも感極まる。
昨年の来日公演は観たけど、やっぱオリジナルメンバーは違う!!

『コーラスライン』にウーピーが乱入!
っていうかウーピーだらけ(笑)

ミュージカル作品賞はウーピー自らが発表。
見事受賞したのは『イン・ザ・ハイツ』です!!

さて、この授賞式を見て決意しました。
昨年初めてブロードウェイの地を踏み、4作品を鑑賞してきましたが、正直言ってまだまだもの足りない。
ということで、絶対に今年中にまた渡米します!!

ビール 〜 バーボン“ジムビーム・チョイス”
【2008.06.18 Wednesday 23:01】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
アメリカン・ダンスアイドル-So you think you can dance- 第3シーズンフィナーレ
今シーズンも、数々の感動をありがとう!と、海の向こうの製作者や出演者に感謝したいです。

今シーズンは最中に映画『ヘアスプレー』の公開があったため、アダム・シャンクマン監督がゲストで2度も出演。ダンサー出身の方だから、的確なコメントをしてくれていました。
その時に候補者みんなで『ヘアスプレー』のパフォーマンスをしたんだけど、その振り付けも監督が担当。リハーサル風景も楽しかった。ちょっと変わった人だけどね。

今シーズンはジェシ(お腹にオイル塗ったり、箱から出てきたりした子)が最初のお気に入りでした。
でも体の不調で本選で踊れないという悲劇に。
復活のチャンスはもらえたけど残念ながら落選。あの時はショックだったなぁ。
その後は、前シーズンの優勝者ベンジーの妹のレイシーを応援してました。

最終選考の回はトップ4による『キャバレー』のパフォーマンスで幕開け。
今シーズンの候補者はみんなレベルが高く、誰が優勝してもおかしくない状況です。
オキニのレイシーも素晴らしいリンディーホップを見せ付けてくれました。

そして結果発表の最終回、ポーラ・アブドゥルやアダム・シャンクマン監督も会場に。
トップ20による『ライオン・キング』で幕開け。
ニコール・シャージンガーのセクシーパフォーマンスや、今シーズンの感動を倍増させてくれた
ライアン・カブレラ“I Will Remember You”のパフォーマンスも見ごたえがあった。Ryan Cabrera - I Will Remember You - Single - I Will Remember You
どうせならオーディオ・アドレナリンの“Goodbye”も聞きたかったなぁ。Audio Adrenaline - Live From Hawaii...The Farewell Concert - Goodbye


レイシー&ニールが踊る、ミア・マイケルズ振り付けの“父に捧げる花のダンス”がまた見れたのはよかった。

そして最後に今シーズンの優勝者の発表。初の女性となるサブラに決定しました。
驚くことにダンス暦たった4年、天然ダンスセンスを持って生まれた子。
確かに何を踊らせても器用に自分のものにしてたしね。優勝に異論はありません。

このアメリカン・ダンスアイドルは、僕がかつて苦手で逃げていたジャンルの踊りに挑戦する気持ちにさせてくれたんです(前シーズンの本選が始まったころから始めて、ヘタなりに現在も継続中)
そういった意味では、生涯で忘れられないであろうTVプログラムのひとつでもあります。

そうそう、前シーズン優勝者ベンジーが出演権を獲得した
セリーヌ・ディオンの伝説のショー「A New Day」がDVD化されています。(US盤はBlu-rayもあり!)
噂どおりの素晴らしいショーでした。ミア・マイケルズの振りがかなりいいです。
気になっていたくせにラス・ベガスに見に行かなかったことを、今になって後悔してしまいました。
特典ディスクまでたっぷり楽しめる内容です。おすすめ。


でさ、ジャパン・ダンスアイドルって必要?
とりあえず認知度も低いし他でやろーよ。地上波深夜枠の方がいいでしょ。
本選でホークが来てくれたのはよかったけどさ。

ひたすらビール
【2008.01.30 Wednesday 13:07】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
まさかの酷評 ブロードウェイ版『リトル・マーメイド』
eiga.comに衝撃的な記事が載っていました。

このあたりで一目瞭然ですが、『リトル・マーメイド』は僕にとってとても思い入れの深い作品。
ブロードウェイで舞台化されると聞いたときから心躍り期待しています。

Bloadway The Little Mermaid

昨年NYCを訪れた時、開演約3ヶ月前でしたが、
看板の出ている劇場をこのように思わず撮ってしまったくらいです。

ところが記事にあるように
・舞台版ならではの個性に欠けている
・新曲も記憶に残るものは少ない
・凝りすぎた舞台にあっては名曲“アンダー・ザ・シー”ですら映画ほど響いてこない
・衣装や舞台デザインが醜悪すぎ
など酷い書かれよう。信じたくない・・・そんなクオリティの物を世に出すはずが無い・・・
と願いつつ、ブロードウェイ版『ターザン』は突然の終演で見逃してしまったのが今でも心残りなので、そのような事の無いよう春が来た頃に即NYCに飛ぼうと決意しました!

Disney on Broadway公式サイト

フランス赤ワイン
【2008.01.16 Wednesday 21:21】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロードウェイミュージカル『RENT/レント』
スペシャル来日公演、RENT舞台版の初観劇をしてきました。
世界中のレントヘッドの皆様から「初めてかよ」とお叱りの言葉を受けそうですね。

感動した。もっと早く見ておけばよかった・・・素直にそう思いました。
映画版は素晴らしい作品でした。しかし舞台版は伝わってくる作品の持つパワーが、映画版より段違いにすごかったですね。
元々オフブロードウェイ作品なので舞台までの距離が近いことを想定し、観客に語りかけるような演出の部分もあります、そのため出演者と観客とが一体になるような効果があるのがポイント。幸いにも大阪厚生年金会館の芸術ホールという比較的小箱で観ることができたので、その雰囲気を味わう事ができました。

今回の来日キャストは、みんなレベルも高く素晴らしかったと思います。
本来の役の年齢に近い人達が多く、等身大のキャラクターを活き活きと演じていたので、感情移入の度合いも半端じゃなかったですね。
特にミミ役のジェン・タルトンがよかった。ホレました。
ミミ役なら誰が演じていてもホレてしまいそうだが(笑)
コリンズ役のアンワー・ロビンソン(アメリカン・アイドル出身)は声質と体格がちょっとミスキャストかなと最初は思ったけど(サブの人の方が見た目はコリンズのイメージに近かった)すぐに気にならなくなりましたね。というか、そんなことは気にせず堂々と演じていたことをサイモンはきっと誇りに思ってるんじゃないかな。
他のマーク、ロジャー、エンジェル、モーリーン、ジョアン、ベニーもみんなよかった。
しかし同時に、映画版が年齢のハンデを背負ってまでもオリジナルキャストにこだわった理由も解った気がします。もちろん比較するのは酷な話ですけどね。
そういう意味では、マークとロジャーのオリジナルキャスト登板バージョンを観る機会があったにもかかわらず、他の作品を観てしまった自分に今更だけど後悔してしまいました。
なにぶん派手な舞台装置や衣装とダンスを好む未熟者だったもので・・・


ひたすらシャンパン
【2007.12.25 Tuesday 12:34】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(3) |
ブロードウェーの労使が交渉妥結、興業再開へ
やっとブロードウェイのストライキに決着ついたようで安心しました。
2007年11月10日、舞台設営に携わる作業員達が賃金アップを求めてストライキを開始。
多くの劇場が休演。
『グリンチ』は24日に再開したそうだけど、他の作品はそのまま休演続行。
29日、舞台係の労働組合と米劇場・プロデューサー連盟の間で行われていた労使交渉が妥結し、ようやく興業再開したとのことです。

19日間も休演だったなんて・・・この期間の旅行客の心境を想うと胸が痛みます。
それに出演者の方達はもちろんギャラは出ないだろうし・・・

そしてこのストの影響で、僕が気になっている『リトル・マーメイド』の正式なオープンが2008年1月10日にずれ込む事になったようです。まぁプレビューは始まっているようなので一応安心かな。

ところで脚本家達のストライキはいまだに続いているようです。
一刻も早く解決してくれないと、映画やドラマ界が大変なことになってしまう・・・

フランス スパークリングワイン
JUGEMテーマ:ビジネス


【2007.11.30 Friday 15:27】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(1) |
ブロードウェイミュージカル『キューティ・ブロンド』
キューティ・ブロンド短かったけど、今日が最後のニューーヨークの夜。時差ボケで疲れていても熟睡できず、それなのに観光やジョギングで動きまくりで疲れてはいるけど、せっかく来たから可能な限りミュージカル鑑賞をしたいところです。

昨夜の『メリーポピンズ』が素晴らしかったので、もう一度観たい気持ちが大きかったのですが、次回来た時にも上演されている可能性が高いので、今回は違う作品を観る事を決意。
『ジャージーボーイズ』と『ウィキッド』は以前から気になったけど、予約無しでは無理っぽい。その他観たいものはインシンクのランスが出演している『ヘアスプレー』をはじめとして、『グリース』『ザナドゥ』『シカゴ』『オペラ座』『レミゼ』etc...そしてアメリカン・アイドル出身のTamyra Grayがミミ役で出演している『レント』もいいな・・・
TKTSで並びながら購入直前まで悩んだけど、結局『Legally Blonde』を観ることにしました。日本では『キューティ・ブロンド』という映画の邦題でおなじみの作品。決め手はこの“ミュージカル版”は舞台でしか観ることができないことと、鑑賞後にすごくハッピーな気持ちになれそうだったからです。

ストーリーは映画と基本的に一緒。衣装やセットの色使いも派手で、ダンスシーンも多いので、かなり好きなタイプの作品でした。
映画でリース・ウィザースプーンが演じた役を、主演のLaura Bell Bundyさんがキュートに演じていました。声や話し方が可愛い子ですね。かつて『ヘアスプレー』や『ウィキッド』(グリンダ役!)にも出演していたそうで、今後も要チェックな感じです。
そして予想的中、鑑賞後に観客みんなが笑顔で帰れるほどのハッピーな作品でした。
ところで犬の演技が素晴らしかったです。すごくお利口で驚きました!
【2007.09.01 Saturday 20:09】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロードウェイミュージカル『メリー・ポピンズ』
メリー・ポピンズ今回NY行きを決意した要因のひとつでもあった『メリー・ポピンズ』です。
事前に予約を入れておいたので、かなりいい席で鑑賞することができました。

この『メリー・ポピンズ』は最初にウエストエンドで上演が始まりました。後に内容に若干修正が加えられ、ブロードウェイに上陸する事になります。
映画『メリー・ポピンズ』は僕にとって“はじめて意識して見たミュージカル映画”でした。
もちろんリアルタイム世代ではありませんが、パークを中心にそのシャーマン兄弟の手による素敵な楽曲に触れる機会も多かったので、とても思い入れのある作品です。

昨日の『カラー・パープル』と『ライオン・キング』はどちらも素晴らしい作品でしたが、“色が抑え目”で“ダンスが少ない”という印象を持ちました。その部分は無意識に心の満足度に反映していたようです。
その証拠にこの『メリー・ポピンズ』を観終わった瞬間に心が完全に満たされ“ブロードウェイまで来てよかった”素直にそう思う事ができました。
好みド真ん中に仕上がっていた作品です。もう非の打ち所がありません。
音楽のアレンジもよかったし、キャストの方たちのレベルも高い。衣装や豪華な舞台装置も予想以上。魔法の演出にも驚かされました。
“明日も観ようかな”そんな気持ちも沸いてきたくらい気に入ってしまったんです。
(けっきょく悩みに悩んで違う作品を観たけどね)

主人公メリーを演じたアシュレイ・ブラウンさんは、かつて『美女と野獣』でベルを演じた事もある方。
写真やトニー賞などで見た時にはアゴからエラのラインがなんか好きじゃない(失礼ですよねすみません)と思ったんだけど、ステージではそんな印象はなく、“誰が見てもメリー”なメリーを演じていらっしゃいました。
この役を演じるにあたっては、かなりのプレッシャーがあったと思います。
だって比較対象が“若き日のジュリー・アンドリュース”ですよ!
でもアシュレイさんのメリーも僕は好きです。いい歌声だったしね。

バートを演じたギャビン・リーさん、この方も素晴らしい!
まさにバートさんです、なりきっていました。

セットと照明の相乗効果は素晴らしかったです。
特に“Jolly Holiday”で絵の中に入る所なんて見事な演出でした。
舞台用にアレンジされたシーンもなかなか面白かったです。
“Feed the Birds”で涙し、“Step in Time”で興奮した僕は、ラストで誰よりも早くスタンディングしていたように思います。
そして“Let's Go Fly a Kite”を口ずさみながら、ホテルまでスキップして帰りました(笑)


フランス赤ワイン
【2007.08.30 Thursday 23:43】 author : Isaac U | Stage | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/3PAGES >>
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

話題の映画は、お近くのイオンシネマ!

HMV検索
検索する


価格.com ブロードバンド

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RSS
掘り出し物を見つけよう
APP Store
 iTunes Store(Japan)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
RECOMMEND

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

SPONSORED LINKS
PAGETOP